保険が効く入れ歯ってあまりよくないと聞いた

入れ歯と一言に言っても色々種類があるようで、保険が適用される入れ歯はあまり良くないみたいですね。もちろん使えないって意味じゃないんですが、保険適用内の入れ歯って質よりもコストを優先しているようで、シンプルですしいい素材も使われていませんし、機能性とかもないんだとか。保険が適用されるからもちろん値段は安く済むんですが、違和感もすごかったり味も全然わからなかったりするみたいですよ。



反対に保険適用外の入れ歯は、噛んだ時に痛みが少なくなるような素材が使われていたり、マグネットで固定する方式だったり、最近よく聞く「インプラント」とかだったりで、機能的にも質的にもいいものが揃っています。その分やっぱり費用は高額で、種類によっては高い技術力を必要としたり、手術しなければならないものがあったりします。

海外記事 - 日本で、付け八重歯が流行中?! -: とりいそぎ。

費用やその入れ歯が持つ特性、メリットとデメリット。そういったものをしっかりと理解した上で、たかが歯だし物を食べられればなんでもいいと考えるか、毎日使うものだしできる限りいいものを使いたいと考えるかで変わってきますね。
歯を失う原因って虫歯だとか歯周病以外にも、事故とか色々考えられます。自分だって将来、入れ歯のお世話になるかもしれません。そう考えると他人事じゃないんですよね、決して。いざ自分が入れ歯にしなければならないとなった時、保険適用内のものと適用外のもの、どちらを選ぶんでしょうか。こんな何十年も先の未来かもしれないこと、技術の発展とかを加味すると、今考えても仕方ないかもしれません。

親知らず、第三大臼歯、智歯【歯医者/歯科情報の歯チャンネル】

ただ、あくまで現時点でですが、私はできる限りいい入れ歯を使いたいですね。物を食べる楽しみがなくなるのは辛いですから。